同窓会活動報告 教育振興委員会

1月22日、当委員会が支援した事業に対する成果発表が2件行われました。

1 課題研究で韓国語を勉強しているグループがありますが、指導していただく講師への雇用支援を当委員会が行っております。そこで、文科省主催の「日韓高校生交流事業」で静岡県代表として韓国を訪問してきた荻野さんからその様子を語ってもらいました。
  韓国では家族のように接してくれて、多くの韓国の高校生と友好が深まったことや、北朝鮮との国境であるパンムンジョム(板門店)を見学してみて、両国の厳しい政情にもふれたことなど、いろいろと貴重な体験ができた。これも学校で韓国語を勉強していたおかげだと感謝の言葉をいただきました。

2 ビジネスの手法を用いて社会問題を解決していくアントレプレナーの研究に取組んでいるグループがありますが、研究費用の支援を当委員会で行っております。そこで今回、
 東日本大震災の復興に関し、実際に起業した方々の話を聞いて学んできたので、その成果を発表していただきました。
  大震災という社会問題にも負けず、アイデアを生かして起業した方々の話は大変勉強になった、自分たちも身近な地域で起きている社会問題に取り組んでみたい、例えば高齢化した山村地域を蘇生するため、そこで収穫される産品を若い人たちにも興味をもってもらうにはどうすれば良いか、そんな研究をしてみたいとの頼もしい意見が聞かれました。

学生の発表
学生の発表