昭和前期

  • 昭和前期1
  • 昭和前期2
  • 昭和前期3
昭和2年 4月 静岡実践商業学校は、静岡市立駿府商業学校と改称し、第1種(5年制)第2種(3年制)を併置する。
昭和9年 3月 組織を変更し、第1種(3年制)生徒定員300名、第2種(5年制)生徒定員1,000名の両種を、併置し、静岡市立駿府商業学校を合併する。
昭和10年 9月 現在地に新築移転する。
昭和17年 3月 種別並びに従来の第1種の規定を昭和19年3月をもって廃止し、生徒定員を1,200名とする。静岡第二商業高校(夜間)を設置する。
昭和18年 3月 文部省令第4号実業学校規定により就業年数を4年、生徒定員を1,000名とする。
昭和20年 6月 戦災のため校舎(7,709㎡)を焼失する。
昭和21年 4月 就業年限を5年とし、生徒定員を1,200名とする。
昭和22年 3月 第1次復興計画として第2校舎(木造2階建2,380㎡)の建築に着手し、第2次復興計画(便所、渡廊下)とともに23年2月竣工する。
昭和22年 4月 新制中学校の制度が設けられ、併設中学校を置き、在学2、3年生を収容する。静岡第二商業学校の募集を再開する。
昭和23年 4月 新制商業高等学校として発足、静岡県立静岡商業高等学校と改称し、静岡県立静岡第二商業学校は本校定時制(夜間)課程となる。
昭和23年 5月 創立50周年、校舎復興記念祭を開催する。
昭和23年 8月 第3次復興計画として、第3校舎(木造平家建1,120㎡)の建築に着手し、11月竣工する。
昭和24年 4月 高等学校通学区設定され、男女共学により女子15名入学する。
昭和25年 8月 家庭科教室、体育器具庫および生徒集会所竣工する。
昭和26年 4月 全日制課程生徒定員を1,050名とする。
昭和26年 10月 本館第一次復興工事(正面,鉄筋2階建1,104㎡)に着手し27年3月竣工する。
昭和27年 7月 本館第2次復興工事(東側、鉄筋2階建942㎡)に着手し、28年4月竣工する。