陸上部の東海大会結果報告

      東海陸上競技選手権大会 報告

皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。

東海選手権大会の結果ですが、新聞等で御承知のように、25位で全国大会には

出場できませんでした。

内容的には6.0㌔の砲丸が7.26㌔と重くなり、一般の高校生にとって決勝に残ることは難しかったと思います。そんな中、高校総体の東海大会で東海記録を出した稲福颯(私立岐阜商)が1539で、社会人や大学生を打ち破って、日本選手権に出場を決めた事はものすごいことだと思います。まだ高校2年生です。なお、藤野翔太君(静岡商)は1164で自己ベストに1メートルも足りませんでした。

次の大会は99日・10日の新人大会中部地区予選です。会場は草薙になります。この夏どれだけ必死に練習をやったかどうかが試される大会で、来年のインターハイにつながっていくものです。何卒応援のほどよろしくお願いします。

なお、OB会から支援いただいた栄養費(2万円)は今回の東海選手権大会で、80円の残金となりました。飛騨牛のステーキを食べて元気をつけさせたつもりなのに残念です。以上報告いたします。

                       静商陸上競技部OB会広報

                           鈴木 正行

2017年09月14日

戻る